2009年04月19日

Racewalking Challenge 第3戦

Racewalking Challenge 第3戦は4月18日〜19日、中国の無錫市で開催されました。

男子50km
1.超成亮(中国)3:45:16
2.XU Faguang(中国)3:55:04
3.LI Lei(中国)3:58:39

男子20km
1.ワレリー・ボロチン(ロシア)1:19:31
2.エデル・サンチェス(メキシコ)1:19:36
3.李建波(中国)1:19:57

女子20km
1.オルガ・カニスキナ(ロシア)1:28:00
2.JIANG Jing(中国)1:28:56
3.LIU Hong(中国)1:30:01

20km優勝のボロチン、カニスキナともに昨年の北京五輪の優勝者です。
posted by WWR at 23:03| Comment(0) | 海外大会

2009年04月13日

失格者は0

昨日の日本選手権50キロ競歩では失格者が一人も出なかったそうです。
また、2枚赤カードが出た選手もいなかったそうです。

上位選手では山崎選手に赤カード1枚、森岡選手は注意・赤カード共に0、谷井選手は注意4回・赤カード0ということでした。
posted by WWR at 13:59| Comment(0) | 国内大会

2009年04月12日

日本選手権50km競歩

4月12日、石川県輪島市で日本選手権50km競歩が行なわれました。
今年からコースが変更になったそうです。

男子50km
1.山崎勇喜(長谷川体育施設)3:40:12日本新記録
2.森岡紘一郎(富士通)3:49:12
3.谷井孝行(佐川急便)3:52:22

山崎選手6連覇、これで国内レースでは3大会連続の日本記録でしたが
惜しくも日本人初の3時間30分台はなりませんでした。
ちなみに5km22分でずっと歩くと3時間40分です。
いかに世界がすごいことがわかります。
現段階で世界ランク2位のタイムとなりました。
注目すべきは2位の森岡選手。50kmは2回目でこのタイムと、
今後の成長次第では山崎選手以上の逸材になるかもしれません。

競歩種目の選考レースはすべて終了。
ベルリンでは何人の選手が選ばれるでしょうか。
posted by WWR at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内大会

2009年04月06日

Racewalking Challenge 第2戦

Racewalking Challenge 第2戦は4月4日、ポルトガルのリオマジョールで開催されました。

各部門の優勝者は以下のとおり
男子20km 王 皓(中国)1:19:27
女子20km シェルティ・プレイツアー(ノルウェー)1:30:35

プレイツァーは第1戦に続いて連勝です。
http://iaaf.org/WRC09/news/kind=100/newsid=50059.html
posted by WWR at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外大会

2009年04月01日

ディニス3時間38分台

3月28日、スロバキアのドゥデンツェで国際競技会が行われました。

男子50km
1.ヨアン・ディニス(フランス)3:38:45
2.マテイ・トス(スロバキア)3:41:32
3.ジミー・コースティン(アイルランド)3:50:51


ディニスは2006年ヨーロッパ選手権優勝、
2007年大阪世界陸上では2位になった選手です。
北京五輪は途中で足を痛め途中棄権。
その雪辱とばかり自身初の3時間30分台をマークしました。
2位のトスもナショナルレコードを更新する好タイムでした。
posted by WWR at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外大会