2011年08月30日

世界陸上女子20km競歩 展望

明日31日は女子20km競歩の1種目しかありません。
こういった日程面白いですね。
1種目しかないから当然競歩に注目が集まります。

スタートは9時からですが、BSTBSで完全生中継、夕方地上波でも録画放送されます。
これが日本開催以外の世界陸上では初の完全生中継なのです。
私は仕事のためBSを録画しますが、観れるのは深夜になるので簡単に展望でも。

日本からは川崎、渕瀬、大利の3選手が出場します。
前回ベルリン大会と同じ布陣です。
渕瀬選手は前回女子競歩初の入賞を果たしました。
今回は複数の選手の入賞に期待が高まります。

トップ争いは世界陸上3連覇がかかるオルガ・カニスキナ(ロシア)を
中心に進むことは間違いなさそうです。
大阪で生で歩きを見た際、気持ち悪いくらい足音がしない歩きに驚きました。
しっかり地面を捉えている歩きですね。

カニスキナが前回優勝者枠を使うため、ロシアは4人出場してきます。

対応馬はスペインのバスコとパスカル、ポルトガルのサントスと中国勢になりそう。
イタリアはリガウド一人のエントリーはシドティやペローネなど
強豪選手を輩出した国としてはちょっと寂しいところです。

さてどんなレースになるでしょうか
posted by WWR at 22:41| Comment(0) | 海外大会

2011年08月28日

世界陸上男子20km競歩

まず、鈴木雄介選手が8位入賞を果たしました。おめでとうございます。
世界陸上で競歩の入賞は6人目、男子20kmでは2001年エドモントン大会での
柳澤哲選手の7位以来となります。
これで3種目入賞の可能性が出てきました。男子20kmがもっとも難しかったからです。

決勝種目で唯一中継がない種目ですが、
現地情報によると序盤からイタリアの選手と抜け出し
10kmでは30秒近い差を後続につけていました。
そこからロシア勢による猛烈なペースアップで15km行くまでに抜かれてしまいましたが、
粘りに粘って8位入賞。ゴール後は倒れこんでしまったそうです。

鈴木選手のラップタイムは5km 21.03-10km 40.58-15km 1.00.52-20km 1.21.39
前半40.58に対し後半10kmを40.41と上げています。

優勝はロシアのワレリー・ボルチン。
彼はこれで北京五輪、ベルリン世界陸上に続いて世界大会3連勝。
もう無敵です。
彼の10km通過が41.33に対し後半の10kmはなんと38.23!前後半で3分も上げてくるとは恐れ入ります。


※この記事はTBSが報じる前に書いております(←これが言いたかった!)
posted by WWR at 11:33| Comment(0) | 海外大会

2011年08月27日

世界陸上中継 その2

男子50kmだけでなく女子20km競歩もBS-TBSの方で生中継されるようです。
http://tv.yahoo.co.jp/program/45749209/

感じからすると、地上波でも15時から録画放送されるかもしれません。
http://www.tbs.co.jp/seriku/about/onair/
なんせ8月31日は他種目は休息日で、女子20km競歩の1種目しかありません。
posted by WWR at 23:30| Comment(0) | 海外大会

2011年08月22日

世界陸上中継

2年ぶりの更新です。

今年の世界陸上テグ大会では男子50km競歩が生中継されます。
http://www.tbs.co.jp/seriku/about/schedule/sh0903.html

実に4時間半に及ぶ異例のスーパー放送。
それもそのはず日本で世界陸上競歩が中継されるのは
1991年東京、2007年大阪以来、なんと日本以外の開催としては
世界陸上28年の歴史でTBS、これまでテレビ朝日と日本テレビを含めて史上初めてとなります。
よく放送してくれたなあと喜んでおります。

男子50km競歩 9月3日(土)8:00スタート(放送は7:30〜12:10)


男子20km競歩 8月28日(日)9:00スタート
女子20km競歩 8月31日(水)9:00スタート
posted by WWR at 22:29| Comment(2) | 海外大会