2009年03月03日

フェルナンデス初50kmで好記録

3月1日、スペインのサンベドロで行なわれた同国50km競歩選手権で
フランシスコ・ハビエル・フェルナンデスが3時間41分02秒のタイムで初50km初優勝しました。

フェルナンデスは20kmではヨーロッパ選手権、ワールドカップ連覇、
世界陸上ではペレス(エクアドル)に後塵を拝して3大会連続2位と
大変な実力者ですが、意外にも50kmは今回が初だったそうです。
しかも昨年の北京五輪では4位に相当するタイムをマーク。
山崎選手の日本記録も上回っています。

ペレスが引退して気持ちが切れかけないようにと
50kmに挑んだのでしょうか。
いずれにしろスピードは世界トップクラス。
8月の世界陸上ではどちらにエントリーしてくるのでしょうか。

posted by WWR at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28399835

この記事へのトラックバック