2009年06月12日

ディークス欠場

2007年大阪世界陸上50km競歩優勝の
ネーサン・ディークス(オーストラリア)が
太ももの故障で今年の世界陸上欠場が発表されました。
http://www.athletics.com.au/news/news/2009/june/defending_champion_deakes_out_

ディークスは前回優勝者枠のワイルドカードで出場権を持っていました。

ディークスは昨年の北京五輪も太ももの故障で欠場。
2003年、2005年の世界陸上も同様の故障で欠場していました。

オーストラリアは50km競歩最大4人まで出場することが可能でしたが
国枠の3名で望むことになりました。
すでに選手は発表されていて
北京五輪20km3位・50km2位のジャレッド・タレント
大阪の世界陸上20km7位のルーク・アダムス
北京五輪20km代表のクリス・エリクソン

注目は昨年の北京五輪両種目でメダルを獲得したタレントです。
posted by WWR at 19:16| Comment(0) | 海外情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。