2009年08月21日

ベルリン世界陸上男子50km競歩

日本でも生放送はないものの、注目度の高かった50km競歩。
昨年の北京五輪7位の山崎選手はスタート直後から飛び出しを見せ
好調ぶりを見せたものの、それにより審判の注目も集めてしまい
ヨーロッパの選手と技術を比較される格好で25kmで失格となりました。
谷井選手も2番手集団で良い位置をキープしていましたが16kmで失格。
失格者3名のうち、2名が日本勢と今後に課題を残したかたちとなりました。
そんな中、残った森岡選手。20kmと2種目で警告0。フォームはヨーロッパでも通用することを証明し、今後に期待を持たせました。

1.セルゲイ・キルジャプキン(ロシア)3:38:35
2.トレンド・二ーマルク(ノルウェー)3:41:16
3.ヘスス・アンヘル・ガルシア(スペイン)3:41:37
18.森岡 紘一朗(日本)3:56:21
失格.山崎 勇喜(日本)
失格.谷井 孝之(日本)

聞くところによるとレース自体は面白かったそうです。
40km手前まででオーストラリア勢がトップを進みながら
失速し2005年チャンピオンのキルジャプキン(ロシア)が逆転して2度目の優勝を飾りました。
雨上がりでスタート時20℃、ゴールでは22℃までしか上がらなかったにも関わらず、湿度が高く、ゴール後バタバタと倒れる選手が続出しました。キルジャプキンですらガッツポーズができず倒れてしまいました。
2位にはニーマルク(ノルウェー)が入りノルウェーにとってはこの種目、五輪、世界選手権通じて初のメダルです。
3位には93年のこの大会優勝者、40歳の大ベテラン・ガルシア(スペイン)が2001年以来4度目のメダル獲得という、この種目としてはコジェニョフスキー(ポーランド)と並ぶ史上最多のメダル獲得数となりました。

完歩31名中12名が自己新という速いレースながら
先ほども書いたとおり、バタバタと倒れる壮絶なレースでもありました。
posted by WWR at 22:03| Comment(0) | 海外大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。