2011年09月03日

世界陸上男子50km競歩

今朝の50km競歩いかがでしたか?
マラソンより長い種目があったことに驚いた方、
おそらく初めて見た方も多かったことと思います。
トップを進んでいた選手が失格や途中棄権でいなくなったり、
一番は日本選手の活躍でしょう。
森岡選手の入賞はもちろんすばらしいことですが
3選手とも3時間50分を切ってベスト10、マラソンに取って代わりそうな勢いです。

レースの方は、ディニズが予想通りスタートから逃げを打ったものの
まさかあれで取られるとは思っていませんでした。
4年ぶりに復活したディークスも、もともと太ももに故障を抱えていて
怪我が再発したか、暑さで足が攣ってしまったのか。
結局、序盤先頭集団にいた選手で上位に入った選手が大変すくなかったのも
50km競歩の特徴が現れた感じですね。

また、25人完歩、失格12人、6人が途中棄権と失格は審判に止められるわけですので
自分でレースをあきらめたのはわずか6人。
50kmはマラソンに比べてレースの数も少なく、各国選手権参加者は数名とか
国外のレースへ行って標準切ってくれという国もあるほどで
選手たちはひとつひとつの50kmレースを大事にあきらめない、そんなことが現れた途中棄権者の数だったと思います。

今大会の競歩は前回に続いてロシア勢が圧倒的な強さを見せました。
そんな中、日本中国韓国のアジア勢の活躍も目立ちました。
50kmではトップ10の中で6人がアジア勢でした。
むしろヨーロッパ勢は金銀の2人だけ。
韓国はほかの種目で入賞すらなかった中、競歩2種目で入賞。

そういえば、ディニズやディークス、スペインの選手が喪章をつけていました。
複数の国の選手がつけていたということは、有力の競歩選手になにかあったのでしょうか?


この放送を見たということで、競歩の普及していくことを願ってやみません。
何より放送は普及の大きな一歩になります。
大阪ではネガティブな面で話題になってしまいましたが、
今回は過酷さと日本勢の活躍で前回とは違った形で
受け入れられました。
posted by WWR at 23:40| Comment(1) | 海外大会
この記事へのコメント
50キロ競歩面白かったです。距離が長いとスピードだけじゃなくて色々なことがありますね。それに日本人選手が10位以内に全員入るとは!谷井選手も序盤で2つ警告受けたので最後まで歩けるか心配でしたが良かったです。

日本男子陣の活躍でこれから競歩に興味を持つ人が増えると良いな〜と思います。

私個人の意見ですが市民マラソンみたいに普通の人でも出られるロードの大会が増えれば良いのにな〜と思います。
Posted by NAOJI at 2011年09月05日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。